スマイラックスな日々

スマイラックスはユリ科の観葉植物です。
ブーケやアレンジのグリーンとしてよく使われています。
生産農家なので毎日、春夏秋冬、温室のスマイラックスを
見ていましたが現在栽培は休止しております。
そんな状態でブログタイトルにかかげ続けるのも
なんですが今さらほかの名前も考えつかないので
この題名で続けさせていただこうと思います
圧巻 京成バラ園

園内を一望してなんだか今年はすごいぞ!!

とパッと見で思いました

花数も咲き具合も全部一斉にGOという感じです

 

 

 

 

 

園スタッフの談話?によれば

オールドもモダンもチャイナもイングリッシュも

みんな一斉に ”こんにちわ(^^♪”だそうです

今年の冬は厳しく寒く

その寒さにあたった花芽たちが

この季節外れの暑さで休眠打破だとか…

見ごろがいきなり始まり

例年のペースより10日ほど早いらしいので

見たい方は急いだほうがいいですよ〜

 

どうりでうちの放任のアンジェラもやたら咲き誇り

アジサイも例年よりつぼみの数が多いです

 

自然のなせる業とはいえこういう年もあるんですね

 

 

 

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
百合ちゃん

 

(ため口でちゃんづけで呼んでますが)

80歳になる従妹の百合ちゃんが亡くなりました

お葬式で配られた自宅畑のシャクヤクを

うちのゼラニウムと一緒に生けました

 

はずれとはいえ一応都内で

広大な畑も家作もあり

畑の作物や

店子の肉屋さんの高級牛肉や

花屋さんの胡蝶蘭を親戚に配り

「富の再分配」を体現し

大家族を束ねるゴッドマザーでした

 

意識のある最後の方も

看護婦さんに代筆を頼み

家族へ畑の朝晩の水やりを伝言したそうです

 

情けをかけるものが多く頭の中はいつも多忙だったでしょう

天上でもゆっくりすることなく動き回っていそうですが

どうか安らかにお休みください

 

合 掌

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
風薫る5月

あっという間にGW

毎年平常心で在宅ですごす黄金週間です(;・∀・)

 

出かけたといえば…

実家です…と言いたいところですが

 

春日部の藤の牛島に出向いたら咲き終わっていて(´・ω・`)

同じ沿線にある大宮の盆栽村に進路変更

同行した先輩婦人には

「ネットでちゃんと下調べしたの!!」とお叱りを受けました

 

一応HPは見ましたが「来るなら早めに」とありましたが

「来なくていい」とは誰も書きませんよねゆう★

来年からは電話で確認しますですDocomo_kao8

 

盆栽もいいですね

人工美の一極致かもしれません

 

でも私にはあの浅い鉢で水やりし

何年もかかって剪定と枝ぶりを整えるというのは無理Docomo_kao20

観賞専門にまわります

 

 

今年はバラも出足が早い走る走る走る

 

 

 

 

最近のスイーツ

はるかとデコポンのタルト

ココアと苺風味のメレンゲ

(千木屋菓子店)

 

 

これは別のお店のアートなクッキー

 

 

 

デニム好き

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
最近の画像から…

米麹解凍中

塩こうじは生の米麹で作ることにしています

近所の農協にない時はアマゾンで冷凍を買って

解凍して使います。

マメですか?!

 

 

JUNKO先生の薬膳教室で習ったデコポンを使ったマリネ

爽やかなおいしさでした(^^)/

 

 

さわやかなアレンジ

 

 

実は…ルベスベさんの仏花

(これってレアかも)

 

 

今年はバラの開花、早いです

しかも、これアイスバーグですが

こんなに花びら多く大輪だったかな?

暑さで化けちゃったのかなぁ(*_*;

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
こいのぼりなう(@国立新美術館)

 

ほどほどにすいていて

ごろんとできる低反発チェアがあって

インスタレーションをくつろいで鑑賞できる空間でした

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
The 生け花

お友達の華展に行ってきました

 

 

いいですよね〜、この様式美

生け手の皆さんもどこかたおやかな

共通した雰囲気を感じました

- | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
タケノコ

また胸騒ぎの日々が始まりました

タケノコが出てくるとソワソワして

穂先を見つけたからには掘らざるを得ない、

掘ったらゆでざるを得ない、

ゆでたら食味の落ちないうちに料理せざるを得ない、

使いきれなかった分は丁重に扱い

冷蔵して水を張りメニューに頭を巡らす…

 

こう書くと我ながらのどかな目まぐるしさですが

現実はタケノコのことばかり考えているわけではなく

(いや、そうでもないか(´・ω・`)

ただでさえ各種雑用の処理能力が落ちているのに

仕事が増えるだけなんです

 

でもまあそんなワンオペな事情ですが

おかげさまで美味しく旬のものを頂いています

 

「どうして年寄りはタケノコとなるとむきになるのか?」と

昔この辺の人が言ってましたが

私も年寄りになったということでしょうか?!

 

圧力なべのおかげでタケノコは数分で柔らかくなるし

煮豆までインスタント感覚でできるようになりました。

そういう道具のお助けのおかげも大きいです

 

*****

リングバスケット浸水中

年代物の金盥(かなだらい)が活躍中

このタライのおかげで乾きがちなバスケットが長く元気です

 

 

伊勢神宮外宮で買ったお札とお札立て

庭の花たちをしたがえて神々しいかも☆

 

 

薬局で見かけて妙に惹かれた道具

そう、一人暮らしには必需品かも

(いや、一人暮らしじゃなくたって、いろいろあると…)

わびしさよりもなくては困るからこういうものが

可愛らしいネーミングで商品化されるわけですよね

 

***

今の私にとって「干天の慈雨」のような本

ページをめくるたびに絵も言葉も

心身に染みわたりました

 

身の回りを自分の手で創意工夫して整える、

結果的にそれが美しい暮らしにつながる

みたいな感じでしょうか

 

私の場合まずは断捨離から始めなくては?!

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP

三室 報恩寺の桜(晴れた昼下がり)

 

見沼用水べりの桜 (夕方)

 

 

日没 残照

郊外ゆえ!?

遠出しなくても

自転車であたりを流せば存分にお花見できます

 

******

Closet Kさん宅で見かけたゼブラ

印鑑ケース?らしいです

 

*****

きりたんぽ鍋のなごりのセリ

今年はやさいが高かったので

セリはあまり買わなかったのですが

切り離した根を土に植えておいたら

春先の繁茂ぶり、すごいです

ドクダミを駆逐するか、セリがドクダミ化するか

いい勝負です

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
伊勢へ

夫婦岩

二見浦の夫婦岩

この縄で結ばれていなかったら単なる二つの岩

それを夫婦にみたてたところが素晴らしい?!

夫婦とは本来こういう姿で結ばれあっているべしということなのか…

いささか初心に帰る風景でした

 

 

伊勢エビ

浜を歩いていて遭遇!

というわけではなく

立ち寄った海産物店で熱心にスマホをむけていたら

ご主人がかごから出してくれました

 

伊勢に来るとその言葉の響きのやさしさに癒されます

海も山も身近で食材も豊富な風光明媚な土地にあって

人間も言葉もおっとりしてくるのかな?

 

わかめも干してありました

 

ホテルの灯り

 

伊勢神宮 内宮  五十鈴川

 

内宮も外宮も本当に木がふんだんです

森も建造物も木、木、木

こんなに手入れされて大事にされて営々と神宮は続く…

 

伊勢うどん

 

赤福の赤いかまど

それにしても三食、上げ膳据え膳を堪能し

家にいたらこんなに食べられないよねといいながら完食し

1泊2日の旅を楽しんできました とさ

 

赤福は自分で食べてきたから( ;∀;)

家には生ういろうをお土産に

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
いろいろ画像

コタトさんのランチ

お持ち帰りパックのものを家でお皿に盛りました

やはりお互いが映えるような気がします

 

ブロッコリーの豆乳ポタージュ

根菜のおやき

白豆、とり肉のサラダ

 

優しいけど塩味もきいている?!お料理たちでした

 

 

沖縄みやげ

 

 

柿渋染

 

 

紅茶あんの”ひよこ”

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
<< | 2/111 | >>