スマイラックスな日々

スマイラックスはユリ科の観葉植物です。
ブーケやアレンジのグリーンとしてよく使われています。
生産農家なので毎日、春夏秋冬、温室のスマイラックスを
見ていましたが現在栽培は休止しております。
そんな状態でブログタイトルにかかげ続けるのも
なんですが今さらほかの名前も考えつかないので
この題名で続けさせていただこうと思います
<< 夏休みの観察 | main | 銀座の文物?! >>
河井寛次郎展(@汐留パナソニックミュージアム)

焼きもの好きの私のまさにツボにはまった展覧会

 

展示作品の中で撮影OKのものがあるので

スマホで撮ってきました☆

 

 

 

 

 

この端正ぶりと几帳面さ、

そして真面目だけど存分に遊んでる感があって

眺めていてまさに目が洗われる思いでした

 

木彫りもあり

 

この掌の背面は

やさしい温顔

 

 

メッセージ(語録)展示もあり

 

 

- | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment











おひさしぶりにお邪魔します(*^_^*)

波長の合う作品に出会えてよかったですね!
しばらくは心豊かな高揚感に包まれますね。

私は饗応不尽の詩にハッとしました。
最初は饗応婦人のパロディかと思ったのですが(^_^;)、
京都の記念館のブログに「言葉の世界」が紹介されていて、これがすごくよかったです!

「新しい自分が見たいのだ
 ――仕事する」

「おどろいて居る自分に
 おどろいて居る自分」

「此世は自分をさがしに来たところ
 此世は自分を見に来たところ」

出会いに感謝、ありがとうございます。
マーチ | 2018/08/31 9:32 AM |



マーチさん、言葉の連鎖反応のような
貴重なコメントありがとうございます。
会場にも数々の箴言?!が展示されていましたが
この一節を目にして
そうか、人はこの世へお客様として招かれて来ているのか、と思うと
物故した身内たちの死もすっと合点が行く思いでした。
私も他の箴言に会いに記念館のブログ見てみます☆
スマイラックス | 2018/09/02 10:31 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fairy-smailax.jugem.jp/trackback/1126