スマイラックスな日々

スマイラックスはユリ科の観葉植物です。
ブーケやアレンジのグリーンとしてよく使われています。
生産農家なので毎日、春夏秋冬、温室のスマイラックスを
見ていましたが現在栽培は休止しております。
そんな状態でブログタイトルにかかげ続けるのも
なんですが今さらほかの名前も考えつかないので
この題名で続けさせていただこうと思います
<< ステンドグラス展 | main | ローズゼラニウム開花 >>
3年ぶりのお雛様

いろいろあって3年ぶりに日の目をみたお雛様たち

 

ご尊顔は立派で眺めているとやすらぎます。

 

装束を脱ぎ捨てフィギュアスケートでもやりそうですよね(^^♪

 

お人形なりに魂もあるはずだし

やっぱり年に一度はだしてあげないと可哀そうだな

と今年は思いました。

この反省を来年につなげられればいいのですが…

 

当時のブログによると3年前は

金屏風が行方不明だったようです(-。-)y-゜゜゜

やはりバックが金だとしまりますし

レフ板効果もあるような気がします。

 

義父のデイサービスでの作品が右上部壁に飾ってありますが

これも負けていませんね(^^♪

やっぱり金屏風あるし…

- | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment











品のある素敵なお雛様ですね!
お着物もシックな色合い☆

3年ぶりに喜んでいるのでは(*^_^*)
keiko | 2018/03/12 5:36 PM |



Keikoさん、コメントありがとうございます。
お孫さんへのステンドのお雛様もスマートで
素敵でしたね☆
出したのが3/1だったのですぐにしまうのはしのびなく
先週いっぱい飾って晴天の日に縁側でひなたぼっこを
させてからしまいました。
ウェブ上でもそろそろしまわなくては…

亡き父母が初孫の女の子にそれはそれは丹精して
岩槻まで出向いて選び
段飾りのかさばり荷物も苦にすることなく
運んでくれたのを思い出しました。
(そんなことまでできたんだ!と思うと
当時の母と今の私と同じ年なんですね)
その供養も兼ねて今年は飾ってみました。

長年の呉服商いで母の審美眼は培われていたんでしょうね。
お人形を選ぶにもお顔だけでなく衣裳もポイントだったと思います。
微妙にペアルック?なんですよ
スマイラックス | 2018/03/15 7:06 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fairy-smailax.jugem.jp/trackback/1098