スマイラックスな日々

スマイラックスはユリ科の観葉植物です。
ブーケやアレンジのグリーンとしてよく使われています。
生産農家なので毎日、春夏秋冬、温室のスマイラックスを
見ていましたが現在栽培は休止しております。
そんな状態でブログタイトルにかかげ続けるのも
なんですが今さらほかの名前も考えつかないので
この題名で続けさせていただこうと思います
タケノコ

また胸騒ぎの日々が始まりました

タケノコが出てくるとソワソワして

穂先を見つけたからには掘らざるを得ない、

掘ったらゆでざるを得ない、

ゆでたら食味の落ちないうちに料理せざるを得ない、

使いきれなかった分は丁重に扱い

冷蔵して水を張りメニューに頭を巡らす…

 

こう書くと我ながらのどかな目まぐるしさですが

現実はタケノコのことばかり考えているわけではなく

(いや、そうでもないか(´・ω・`)

ただでさえ各種雑用の処理能力が落ちているのに

仕事が増えるだけなんです

 

でもまあそんなワンオペな事情ですが

おかげさまで美味しく旬のものを頂いています

 

「どうして年寄りはタケノコとなるとむきになるのか?」と

昔この辺の人が言ってましたが

私も年寄りになったということでしょうか?!

 

圧力なべのおかげでタケノコは数分で柔らかくなるし

煮豆までインスタント感覚でできるようになりました。

そういう道具のお助けのおかげも大きいです

 

*****

リングバスケット浸水中

年代物の金盥(かなだらい)が活躍中

このタライのおかげで乾きがちなバスケットが長く元気です

 

 

伊勢神宮外宮で買ったお札とお札立て

庭の花たちをしたがえて神々しいかも☆

 

 

薬局で見かけて妙に惹かれた道具

そう、一人暮らしには必需品かも

(いや、一人暮らしじゃなくたって、いろいろあると…)

わびしさよりもなくては困るからこういうものが

可愛らしいネーミングで商品化されるわけですよね

 

***

今の私にとって「干天の慈雨」のような本

ページをめくるたびに絵も言葉も

心身に染みわたりました

 

身の回りを自分の手で創意工夫して整える、

結果的にそれが美しい暮らしにつながる

みたいな感じでしょうか

 

私の場合まずは断捨離から始めなくては?!

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP

三室 報恩寺の桜(晴れた昼下がり)

 

見沼用水べりの桜 (夕方)

 

 

日没 残照

郊外ゆえ!?

遠出しなくても

自転車であたりを流せば存分にお花見できます

 

******

Closet Kさん宅で見かけたゼブラ

印鑑ケース?らしいです

 

*****

きりたんぽ鍋のなごりのセリ

今年はやさいが高かったので

セリはあまり買わなかったのですが

切り離した根を土に植えておいたら

春先の繁茂ぶり、すごいです

ドクダミを駆逐するか、セリがドクダミ化するか

いい勝負です

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
伊勢へ

夫婦岩

二見浦の夫婦岩

この縄で結ばれていなかったら単なる二つの岩

それを夫婦にみたてたところが素晴らしい?!

夫婦とは本来こういう姿で結ばれあっているべしということなのか…

いささか初心に帰る風景でした

 

 

伊勢エビ

浜を歩いていて遭遇!

というわけではなく

立ち寄った海産物店で熱心にスマホをむけていたら

ご主人がかごから出してくれました

 

伊勢に来るとその言葉の響きのやさしさに癒されます

海も山も身近で食材も豊富な風光明媚な土地にあって

人間も言葉もおっとりしてくるのかな?

 

わかめも干してありました

 

ホテルの灯り

 

伊勢神宮 内宮  五十鈴川

 

内宮も外宮も本当に木がふんだんです

森も建造物も木、木、木

こんなに手入れされて大事にされて営々と神宮は続く…

 

伊勢うどん

 

赤福の赤いかまど

それにしても三食、上げ膳据え膳を堪能し

家にいたらこんなに食べられないよねといいながら完食し

1泊2日の旅を楽しんできました とさ

 

赤福は自分で食べてきたから( ;∀;)

家には生ういろうをお土産に

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
いろいろ画像

コタトさんのランチ

お持ち帰りパックのものを家でお皿に盛りました

やはりお互いが映えるような気がします

 

ブロッコリーの豆乳ポタージュ

根菜のおやき

白豆、とり肉のサラダ

 

優しいけど塩味もきいている?!お料理たちでした

 

 

沖縄みやげ

 

 

柿渋染

 

 

紅茶あんの”ひよこ”

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
ローズゼラニウム開花

暖かくなりハウスのローズゼラニウムも開花が始まりました。

本来の花期はもう少しあとらしいですが

一応!?ハウスで加温しているので露地よりは幾分早くなります

可憐な花も香りもいいですが

この画像だと葉の切れ込みもいい感じですね☆

 

 

玄関花

キンギョソウ揃い踏みは頂き物

白梅とレモンイエローのトサミズキはうちの庭木

桃花はお雛様のなごり…

自然光をバックにいい感じです

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
3年ぶりのお雛様

いろいろあって3年ぶりに日の目をみたお雛様たち

 

ご尊顔は立派で眺めているとやすらぎます。

 

装束を脱ぎ捨てフィギュアスケートでもやりそうですよね(^^♪

 

お人形なりに魂もあるはずだし

やっぱり年に一度はだしてあげないと可哀そうだな

と今年は思いました。

この反省を来年につなげられればいいのですが…

 

当時のブログによると3年前は

金屏風が行方不明だったようです(-。-)y-゜゜゜

やはりバックが金だとしまりますし

レフ板効果もあるような気がします。

 

義父のデイサービスでの作品が右上部壁に飾ってありますが

これも負けていませんね(^^♪

やっぱり金屏風あるし…

- | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
ステンドグラス展

会期は終わってしまったのですが(*_*;

知り合いの方のご主人がステンドグラスをなさっていて

その教室の展覧会のご案内をいただいたので

うらわ美術館(@ロイヤルパインズホテル)に行ってきました

 

おお、なんという強い眼力!

 

赤が効いてますね☆

 

これもまた力作

すごいなぁ!!

どうやって製作するのか知らないのですが

この緻密さと配色の一体感

本当にご趣味なんでしょうか??

プロの域ですよね

 

主催されている先生の作品

”参りました” ですよね

まさにプレミアムです

 

他の方のかわいい作品たち

 

 

まだまだたくさんの作品があって

ご紹介できないのが残念ですが

これだけの力作を一堂に拝見できて

文字通り眼の福、

眼球が洗われる?!感じでした

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
今日のお花

某モデルハウスを見学に行ったんですが

(ちなみに自分の家を建て替える計画は皆無です)

今のおうちは本当によくできていますね

 

つくづく我が家は昭和だなあ、いや戦前?、

縄文時代?!と思えるくらい

建築資材も進化がすすみ

収納などもまことにスマート

 

くらべて打ちひしがれてばかりいても残念だし

勝ち目はないし…

せめて現状で美点をあげるとしたら

生のお花をあちこちに飾ってあることくらいかなあと

気を取り直し洗面所の片隅に花を生けました

 

 

モデルハウスもイメージ戦略を狙うなら

造花でなく生のお花や枝ものを生けてあれば

さらにグレードアップしてみえるのでは?!

負け惜しみでなくホントにそう思います(^_-)-☆

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
日々の画像

ココロパンさんのショコラカンパーニュ

ありそうでないチョコ風味のハード系

絶品です。焼きの感じといい、弾力といい

クルミやレーズンがほろ苦く焦げた?感じといい

わたしのツボにはまりました

 

食いしん坊万歳ですが

このお皿に盛るのが好きです

 

東京みやげのアップルパイ

 

マネケンのワッフル

 

 

水ぬるむ皇居お堀端

 

日本橋タワーのエントランス

ありのままのネーミングですが

日本橋も再開発され続けているんですね

 

さいたま新都心

どうも角角しく屹立したものを見ると

コーナーから写真を撮りたくなってしまう性分なようです

 

よそで食べたアイス

 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
リングバスケット

リンク先のJungleberryさんに

久しぶりにお願いしてリングバスケットを

作って送ってもらいました☆


梱包を解いて取り出して思わず感嘆びっくり
なんという端正ぶりでしょうきらきら
これでもたぶん自分は他の方よりはアレンジも寄せ植えも
数多く見ていると思いますが
​一目見てうなるという経験はあまりありません。



お手入れやメッセージカードも同梱されてました


あら、男の子だったのね
しかも指示が具体的でわかりやすいわ


​時系列ごとのお手入れ、
花後のおさめ方もばっちりですね

作者の植物への思い入れを感じますし
花苗たちを少しでも長くキープし
成長後まで視野に入れたわかりやすいアドバイス
本当にありがたいです

それにしても…
注にある通り
毎日少しの量を与える水やりが一番いけないんですか…
それって深いですね
​人間関係でも思い当たることが…汗
 

- | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
| 1/109 | >>