スマイラックスな日々

スマイラックスはユリ科の観葉植物です。
ブーケやアレンジのグリーンとしてよく使われています。
生産農家なので毎日、春夏秋冬、温室のスマイラックスを
見ていましたが現在栽培は休止しております。
そんな状態でブログタイトルにかかげ続けるのも
なんですが今さらほかの名前も考えつかないので
この題名で続けさせていただこうと思います
乾物を使おう
今月のお料理教室のテーマです

日照の少ないジメジメしがちなこの時期にこそ
湿気させないよう、しまい込んだ乾物類を上手に活用しましょう
とのことでした

そういえば眺めているだけの乾物類、多いかも(^_^;)

ひじきのお蕎麦

へえ〜、お蕎麦もこうやって盛り付けると
まるでイタリアンですね☆
薬味の緑(小ネギ)と赤(パプリカ)がきいてます
海苔をちらすことはあってもひじきとはまた目からウロコ
違和感なしです

切干大根とキャベツの胡麻みそあえ


小町麩とトマトの豆乳煮

ふ〜ん、これが何とも表現しえないのですが
エスニックなような和のような不思議なおいしさ

高野豆腐とジャガイモのコロッケ


お麩で作る簡単スナック
メープル風味でサクサクいくらでもいけます


おしゃれな薬味


全体図


窓辺
マクロお料理教室 | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
ジャーサラダ
いつものお料理教室にて
今はやりのメイソンジャーによる”カラフル玄米サラダ”

おお、美しいきらり

整列したところ


そして おいしいおいしい

ふたをはずしてパッカーんと大皿にあけて
ビビンバのようによく混ぜて食べます
ナッツや”さいの目切り”のお揚げなどをトッピングにしました

あのビンにこんなに入っていたの?!と思うほど
見た目よりもボリュームありです

にんじんたっぷりマフィン

この他に
ジャガイモとキノコのホウレン草スープ
ココナッツ白玉のコーヒークリーム

いつもながら
こんなにオシャレで美味しいものが自分で作れるのに感激!

家で復習して身につければいいのですけどね
なかなか現実は…汗

******
自宅のザクロ

この肉厚のあっけらかんとした花、好きです

ほったらかしなので秋口に実っても食べ忘れたりします
食べにくいのと虫食いがあったりなど、いろいろ(^_^;)

でも今年はたくさんなりそうな気配
マクロお料理教室 | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2015年2月
今月のテーマは
《 冬のあったかお急ぎごはん 》

スタンバイ画像から

手まりおむすび

コロコロの丸型で次々できます
高校生男子だったら30個くらい必要かな?!

”キャベツの黒胡椒ホイル蒸し”

なんとこのホイル1個(キャベツ1/6見当)が一人分!

”ポテトとコーンのお急ぎグラタン” になるところ


プレートもスタンバイ中


そして完成図


サラダに添えたのはベジタブルな粉チーズ


スイーツは”板チョコの隠れたココアケーキ”

今月もベジで満腹満腹おいしい
グラタンも粉チーズも全く動物性のものは使わず
こんなにもコクがあるものができるんですね☆
マクロお料理教室 | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2014年9月
テーマは『秋のべジ韓国ごはん』

野菜たっぷりトッポギ

トッポギ本体はわりと簡単、しかもつやつやで美味
これは自家製に限ると思いました

しらたきの冷麺風 梨とキノコのたれ

すっごく奥深い味、
言われなければ梨が入っているなんて誰も気付かないかも?
自分ですりおろしてプロセスを見てるからわかりますけど

キャベツのナムル

うーん、これもいくらでも食べれました
ほのかな塩味で箸が進みます

全体図

右端はレンコンと梨のスープ
薬膳ぽいイメージですがとてもおいしかったです
梨がおいしい季節ですがこうやって火を通してお料理に使えるんですね
乾燥を潤すという薬効もあるそうです
ゴクゴク?飲めたのはそういうものを身体が欲しているのかな?!


箸休めはジャムの即席パイ

超簡単でおいしかったです
気をつけるのはオーブントースターの火加減?を見守ることちゅん

「忙しいときほど時間を作ってきてください」との先生のアドバイス
整った空間、片付いたキッチンでお料理していると
確かに食する以外にもセラピーになるような感じがします
マクロお料理教室 | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2014年8月
ここのところとりこんでいて伺えなかったので
ほぼ3か月ぶりのお料理教室
お部屋もキッチンも各種お道具類もとっても懐かしかったです

そうそう、こんなにお野菜を使うんでしたっけ!


ちょいと見のレシピコーナー


メニューは…
フライパンで作る夏野菜のタイ風カレー


このお皿にのるのは…


夏野菜と豆腐ポン酢ジュレのサラダ


この粉たちは…


シナモンチョコ風味の自家製グラノーラになりました

とっても香ばしかったです

厚揚げにんにくご飯
かぼちゃとオクラのさっぱり焼き浸しをそえて
夏野菜ランチ完成!!


テーブル小花


食用にも使えるアロマオイルたち


スパイスやアロマオイルも風味づけに加わった夏のランチ
とってもおいしく心身にしみました
マクロお料理教室 | comments(4) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2014年5月
テーマは「春野菜のランチタイム」
久しぶりのお教室でべジ料理、おいしかったです

新にんじんのべジミートソースのパスタ
(ひき肉なしでも全然おいしい!)


新ごぼうと新じゃがのポタージュ

奥のガラス小鉢は「新にんじんとグリーンのマリネ」

国産レモンのスコーン

どれもこれもおいしく
本当にこのお教室に通い始めてから
グレードの高いお料理が手作りできるんだと実感しました
(家でどれだけ実践しているかは別にして(*_*;)

おしゃれな脇役たちによるテーブルセッティングにも開眼し
どんなお店で食べるより実質的においしく感じます

そういう意味では高級食材を食するという意味ではなく
ある意味「舌が肥えた」のかもしれないですね☆

プジョーの塩挽きとこしょう挽き


お教室の片隅

センダックと久しぶりに会いました
マクロお料理教室 | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2014年2月
べジ チゲ鍋
キムチを入れなくてもべジマジックでできました
妙にあとを引くお味♡

この他に”韓国風にんじんごはん”もありましたが
食べるのに夢中で画像がおろそかになってしまい
字だけの報告ですDosomo_kao9

スイーツは”焼きチョコクッキー”



 
マクロお料理教室 | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2013年11月
今月のテーマは『秋から冬に向かうテーブル』

厚揚げと舞茸の春巻き
カブと豆腐のとろとろスープ
キャベツの海苔の塩ドレッシングサラダ
さつまいものミカン煮

どーんと春巻き


そして第三の主役 リンゴのタルトタタン風ケーキ

えー、すごい、ホールのこういうケーキが
自分で作れちゃうなんて!!

ちなみに制作過程の一部です
ソテーしたリンゴを煮詰め

型に敷き詰め

ケーキ生地を流しいれて焼いたもの

いつもお教室に行くと早速家で作ろう!と思うものばかりなんですが
なにぶんにも計量と粉もんが苦手な私は
ああ、これ、家族の誰か、誰でもいいから
作ってくれないかなあと思案してます。

************
先生作 クリスマスリース


先生の娘さん作 リース

 
マクロお料理教室 | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2013年10月

 今月のテーマは
『赤ちゃんからお年寄りまで みんなで一緒にふだん着ごはん』
海藻、穀物、根菜たっぷりでおいしくヘルシー!
しかも代謝促進メニューです

・コーン缶の炊き込みごはん
・簡単お豆腐バーグ
・じゃがいも団子のスープ
・根菜の和風ラタトゥイユ
・白菜と海藻のホットドレッシング
・かぼちゃクッキー


白菜のホットドレッシング


ネギ、しょうがをトッピングする前


お豆腐バーグ成型、待機中


かぼちゃのハロウィーンクッキー


絵皿の柄のようなラディッシュ


季節のテーブル飾り


お持ち帰りしたクッキーを家で撮りました

マクロお料理教室 | comments(4) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マクロお料理教室2013年9月

 久しぶりのお教室
テーマは『秋の食材でおうちごはん』

エリンギとまいたけのごはん


かぼちゃとナスのクミン風味ゴマ醤油


玉ねぎのカレーマヨネーズサラダ
(*マヨネーズは豆乳ベースの自家製!)


巨峰のパウンドケーキ

8月の夏休みをはさんでほぼ2か月ぶりのべジ三昧
旬の食材づくし、やさしいお味で箸が進み
ほっこりとおなかにたまりました

暑かった夏、手料理にくたびれた週末は
そういえば中食?三昧でした
しかも男家族が多いと肉食ガッツリ系のお弁当ばかり…
吉牛、ホットモット、かつや、などなど
手軽でおいしくみんなを喜ばせるつもりが
作らなくてすむ自分が一番喜んでいたのかも

そんな自分が実はマクロに一番飢えていたのか
早速家でも「まいたけエリンギごはん」を作ってみました

すごいですよね、肉っ気は全くなく
エリンギがアワビみたいだし
(アワビ、食べたことないけど)
まいたけがホタテみたいで海鮮丼風なんです

マクロではないのですが、自作の
”しし唐のピリ辛じゃこ炒め”

しし唐とか甘長とうがらしとか
今まであまりなじみのなかったこの手の野菜に
なぜかこの夏、突然、天啓のようにはまり
(はまった割にはこの炒め物しかしないのですが…)
農協の直売所やスーパーの地場野菜売り場で見かけると
必ず買って帰り作りました。
なぜかピーマンではこの味が出せないんです。

この”ピリ辛じゃこ”がいい味出しているのかもしれません。
東京最古のコリアンタウンと言われている
三河島のキムチ屋さんで以前買いました。
ずいぶん秘蔵されていたんですがもうなくなりそう。
なくなったらこれが作れないなあ…

******

話は前後しますが
お教室の一角

畑で自然になっていたというこの野菜?
”とうがん”かな?とみんなで推測してました



マクロお料理教室 | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
| 1/5 | >>